FC2ブログ

コロナのシメとその仲間たち

年末になるとやってくるのがシメである。自作卓上カレンダーの12月はシメの写真だ。今年は特にシメて欲しいのが2020年から始まったコロナである。ようやく5類になりほぼほぼ普通の生活に戻ってきた。それに毎朝の満員電車に乗らず、テレワークが定着しておうちごはんが増えた。そして時間に余裕ができて野鳥生活も充実してきた。

自宅は横浜のはずれなので、東京までの通勤は1時間50分もかかるが、年の瀬といえども近所の市民の森に野鳥がたくさんいる。飛び込みの妙技を魅せるカワセミ、梅や山茶花に似合うメジロ、昆虫をねらうモズ、おしゃべりしながら木の実を食べるエナガなど。今はルリビタキに会うだけで幸せな気分になる。横浜のはずれに暮らす特典といったところか。

1xx_DSC0404.jpg
山茶花とメジロ
2xx_DSC2296.jpg
可愛いルリビタキ
3xx_DSC4200.jpg
1年のシメ
4xx_DSC4246.jpg
昆虫を探すモズ
5xx_DSC4658.jpg
むくむくのエナガ
6xx_DSC0842.jpg
真っ赤なもみじをバックに魚を探すカワセミ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, シメ, エナガ, メジロ, カワセミ, モズ, ルリビタキ, テレワーク, コロナ,

ルリビタキが飛び立つ瞬間をねらう

ルリビタキに限らず野鳥を広げて飛び立つ瞬間の写真がよく投稿されるようになった。OMがプロキャプチャ、NIKONがプリキャプチャなどと呼んでいて、シャッターを押すまでの何枚かの写真を記憶しておいてくれる機能だ。

私のカメラにはこの機能はついていない。ファインダーをのぞきながら、野鳥が”飛んだ”瞬間でシャッターをきると、ほとんどがすでに飛び去ってしまってファインダーには何も写っていないことが多い。心理学研究によると、目で見てから脳で解釈し指に伝えるまで、速くても数100ミリ秒を必要とする。特に、年をとると反射神経が鈍ってしまうので、(意味は違うけど)「飛ぶ鳥あとを濁さず」となる。

そのため、カメラの連写で何とか飛び立つ瞬間をとらえる人間プリキャプチャに挑戦していた。つまり飛ぶ前からシャッターを押しておくのである。ところがなかなか飛び出さないので、何度も連写して写真の数だけがうなぎのぼりに増える。たまに運よく撮れることもあるが、人間プリキャプチャは後でカメラやパソコンでいらない写真を消すことを思うと、やめた方が良さそうだけど、運よく撮れたときは嬉しい!

1 xx_DSC4585
ルリビタキがをひろげると、光によっては銀色にみえる。運よくこんな写真が撮れたけど、何度シャッターを押したことか。
2xx_DSC2758.jpg
そして飛び立つ
4xx_DSC1897.jpg

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, リルビタキ, , 銀色, 飛び立つ, 瞬間, プリキャプチャ, 人間, 連写,

ルリビタキ=大谷翔平???

今年もあと1週間を残すのみとなったが、紅葉の盛りを過ぎた葉っぱがまだまだたくさん残っている。そんな朽ちた紅葉ルリビタキ瑠璃色がよく映える。「なんで寒くなると葉っぱが落ちるの?」はチコちゃんにしかられるの質問であるが、「非情なリストラを繰り返して会社を維持していくようなものだ」というのが答えだった。日本の場合、会社維持の最終手段がリストラなので、リストラを避けようとする経営者は多い。それに比べてアメリカはよくレイオフする。だから、多くの米国の会社は落葉樹ということで、日本は常緑樹の会社が多いのかもしれない。どっちが良い悪いではないけど・・・

話は横道にそれてしまったが、朽ちた紅葉ルリビタキの美しい瑠璃色がよく映えることは確かだ。ということで、ルリビタキを人間社会でたとえると、暗いニュースの中でいつも明るい話題を提供してくれる大谷翔平のような存在かもしれない。

〇1xx_DSC4419
ルリビタキ大谷翔平がスポットライトを浴びている!
〇2xx_DSC1868
1枚だけ残った枯葉がなんとも寂しい。
〇3-2yy_DSC4355

〇4xx_DSC1917

〇5xx_DSC1674

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, ルリビタキ, オス, 瑠璃色, リストラ, 大谷翔平, チコちゃん, 紅葉, 落葉,

紅葉に花を添えてくれるエナガたちに感謝!

ルリ子さんたちがいる自然の森は、奥の方に行くと東京湾に流れ込む川の源流になっていて、河口に比べると気温はかなり低くなる。寒暖差が大きいためか、モミジ紅葉の色が半端ない。まさに真っ赤だ。モミジの根元にあるベンチに座って紅葉を愛でているだけでなんとなく幸せな気分になる。

そこにエナガの群れがやってくる。エナガたちは「チリリィ チリリィ」と鳴きながら、何かついばんで隣の木に飛んで行く。素早い動きについて行けないし、葉っぱの向こうの枝にとまるので写真は撮りにくいけど、幸せな気分に花を添えてくれるエナガたちに感謝したい。

xx_DSC0995.jpg

xx_DSC1007.jpg

xx_DSC3944.jpg

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, 自然の森, エナガ, モミジ, 紅葉, 真っ赤, 感謝,

自然の森のルリ子さんに会いに行く

リル男くんの写真が続いたので、次はルリビタキメスルリ子さんの番だ。ルリ子さんは車で15分の自然の森にいる。自然の森のなかでルリビタキオスメスもいろいろ場所にうまく散らばっているようだ。

カエルの鳴き声はケロケロ、ゲロゲロ、クワックワッとかいろいろあるけど、ルリビタキ地鳴きはヒーヒーヒーと鳴いている途中でカカッとかグヮグヮと短く鳴いていて、カエルの鳴き声のようにも聞こえる。それに地鳴きをずっと聞いていると、家に帰ってもときどき何かの拍子で頭の中で鳴り響くことがある。ルリビタキに会いたいな!といつも思っていると、こんなルリビタキ病にかかってしまうのかもしれない。

〇1xx_DSC0978
枯葉のモミジの中にたたずむルリビタキメスルリ子さん。
〇2xx_DSC1063
首をかしげて何を考えているのやら。〇2xx_DSC2254
その地鳴きの最中!音は聞こえないけど。
〇4xx_DSC2267

〇5xx_DSC0953
地面におりて虫を食べているのかな。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, ルリビタキ, オス, メス, ルリ子, 自然の森, 地鳴き, カエル, ,

裏山にも瑠璃色のルリビタキが登場した!

このところ横浜自然の森ルリビタキオスやメスが登場している。先日は車で15分ほどの森にルリビタキと紅葉のコラボを観に行ったのであるが、とうとう裏山にも瑠璃色のルリビタキオスルリ男)が登場した。裏山に登場したのは3年ぶりだ。近所の野鳥ファンにとっては朗報である。

まだ行動パターンを把握していないので、どこに出てくるのか予想できない。ただ、地鳴きに聞き耳を立ててクワクしながらルリ男くんを待つということが楽しい。とにかく。まだ秋の名残りのある森で年末年始の大きな楽しみが増えた。

1〇xx_DSC1460
枯葉の中に登場したルリ男くん
2〇xx_DSC1723
まだ、瑠璃色が少し薄いようだ。
3〇xx_DSC1762
クリクリ目がとても可愛い。
4〇xx_DSC1395
枯葉の落ちた地面にもときどきおりてくるが、
5〇xx_DSC1493
いつもは森の高い木を飛び回っているようだ。



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, 自然の森, 裏山, ルリビタキ, オス, ルリ男, 楽しみ, 年末年始,

ルリビタキと紅葉のコラボ・・・スマホが支える野鳥趣味

この時期の楽しみは紅葉野鳥のコラボ。瑠璃色のカワセミと紅葉の組み合わせは素晴らしい。カワセミは1年中いる留鳥であるが、冬になると山から平地におりてくる瑠璃色の漂鳥がいる。それがオスルリビタキだ。

横浜には市民の森があり、ルリビタキが丹沢あたりから移動してくる。そこに高齢者を中心に野鳥ファンがルリビタキ紅葉のコラボを撮りに来る。とはいえ、市民の森はとても広いし、お目当てのルリビタキオスがどこにいて、しかも紅葉と一緒に撮れる場所はどこなのか、普通ならばよく分からない。そこで活躍するのがネットである。

SNSには撮影場所を書かないのが暗黙の協定なのであるが、どこかの撮影場所でSNSをアップしている人と知り合いになり、SNSのアカウントと実際の人が紐づいてしまうと、どこでどんな野鳥を撮影したのか、という状況を把握できるようになる。詳細はLINEやメールで個別に連絡をとり、撮影場所に行ったらリルタイムに電話を使うこともある。野鳥趣味の必須アイテムがスマホだし、野鳥趣味は高齢者のDXに大きく貢献していると思う。

1〇yy_DSC1298
紅葉(もみじ)から飛び出してきた・・・ルリビタキオス
2〇xx_DSC1163
瑠璃色の精悍な姿。形式写真のようだ。
4〇xx_DSC1175
光のあたるところにちょこっと顔を出した。枝の陰がちょっと気になるけど、いい感じ。
3〇xx_DSC1076

5〇xx_DSC1280
実際、この時期になると紅葉(もみじ)の大半が散ってしまう。そのおかげで鳥がよく見える。もっともいい場所にとまらないと、撮るのは難しいけど。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, ルリビタキ, オス, 市民の森, 紅葉, 瑠璃色, 高齢者, スマホ, SNS,

ウソの鳴き声から人間ドックの聴力検査を連想

車で15分のところに自然公園があるのだけど、そこにウソがいるというので出かけることにした。探し回ること1時間、ようやく口笛のような鳴き声とともにウソを見つけた。

話は違うが、先日人間ドックを受診した。聴力検査では、周波数の異なる音を聞いて、聞こえている最中はボタンを押さないといけない。その音が一定の周期で「フィーフィー」と鳴っているように聞こえるが、それがウソ鳴き声に似ているのである。

自然公園のウソアカウソは鳴きながら黒い木の実を食べていた。その合間に水場に降りてきて水を飲む。ところが飲食が終わると、ブッシュの中に隠れてしまい、なかなか姿を見せてくれない。ようやく見つけたウソはたくさんの枝の向こうにいるのであるが、写真にすると周りがぼやけてはいるが、ウソの姿がクッキリと浮かびあがる。なかなかいい感じ!

ぼやけた枝の中でウソの姿だけ目をこらして見るのは、無音室でヘッドセットをつけて「フィーフィー」という音だけ聞いている聴力検査を連想してしまう。

1〇xx_DSC0835
枝の向こうに隠れているアカウソ
3〇xx_DSC0798
黒い実を食べているウソのオス
4〇xx_DSC0901
枯れかけのモミジの中で葉?を食べているウソのメス。
2〇xx_DSC0757
枝の向こうで休んでいるウソ
4〇xx_DSC0774
水の飲みに水場におりてきたウソ。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, ウソ, アカウソ, オス, 口笛, 鳴き声, 人間ドック, 聴力検査,

赤い実 黒い実 バッタ ジョウビタキくん 良く食べるな!

年齢とともに食べる量が少なくはなったとはいえ、美味しいモノ大好き、お酒大好きで、自分でコントロールしないとどんどん太ってしまう。先日のジョウビタキくんを観たときは、ちょうど人間ドックの前で、体重は昨年並みに保ちたいと思い、食べる量をセーブしているときだった。

そのジョウビタキくんは飛び回りながら何でもよく食べる。赤い実黒い実をほおばったと思うと、大きなバッタを捕まえてくわえている。すぐに食べないのは直前に食べた赤い実が消化していないのかもしれない。それにしてもパクパクとよく食べる。ジョウビタキくんの食べ物はもちろん欲しくはないけど、早く人間ドックが終わってたくさん人間の食べ物を食べたい飲みたいと思うのであった。

〇2xx_DSC0593
赤い実をほおばるジョウビタキくん
〇4xx_DSC0635
地面のバッタを狙っている。
〇1xx_DSC0645
見事、バッタを捕まえる。
〇6xx_DSC0644
とはいえ、しばらくくわえてままだ。
〇3xx_DSC0527
口を大きく開けると、中に黒い実がある(と思う)
〇5xx_DSC0670

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, ジョウビタキ, オス, 赤い実, 黒い実, バッタ, 人間ドック, 体重,

銀色頭のめでたいジョウビタキに来年もよろしくお願いします!

前の職場に行く用事があったので、昼ご飯を食べるため、近くの公園にカメラ持参で行くと、ジョウビタキオスが出迎えてくれた。この公園はよく整備されていて、1.5mくらい地上から高い位置にある幅広の木道に柵が設置されており、安心なのか近くまで鳥たちが寄ってくる。いろいろな樹木が植えられていて、そこに鳥たちがとまって餌をついばむ。

ジョウビタキが紅葉した樹木の前にとまった。何となくお正月写真のようでめでたい気分になる。緑の低木では「おめでとうございます」なのか、ちゃんとお辞儀もした。来年もよろしくお願いします!と、思わず口に出てしまった。

〇xx_DSC0719
なんとなくおめでたいジョウビタキの写真。銀色頭がいい感じ。
〇xx_DSC0550
銀色頭をさげて「おめでとうございます」と言っている感じだ。
〇xx_DSC0625
黄葉した木をバックに、銀色頭が風でなびいている。
〇xx_DSC0533

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, ジョウビタキ, 藤沢, 公園, 木道, オス, 銀色頭, めでたい気分,

プロフィール

ogamonja

Author:ogamonja
ようこそ「カワセミ礼讃」ブログへ

最新記事
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
写真
46位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
8位
サブジャンルランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR