FC2ブログ

富士ビタキ!こんな風景を生成AIで作れるのだろうか?

近所の市民農園から東を眺めると東京湾が一望に見渡せる。そして、西を眺めると晴れた日には富士山を望むことができる。その富士山を撮っていると、近くの電線にジョウビタキメスがとまった。同じ場所からジョウビタキ富士山も撮れるのであるが、500mmレンズしか持っていないので、撮影位置を変えてもさすがに一緒には撮れない。

でも、ジョウビタキ富士山も同じ青空がバックなので、二つの写真を切り取ってパソコンで合成すると「富士ビタキ」になった!さすがに手作業なので簡単には合成できないが、最近は生成AIを使って言葉で画像を生成できてしまう時代だ。こんな「富士ビタキ」の風景も生成されてしまうのだろうか?

small_DSC7744.jpg
xx_DSC7657.jpg
市民農園から東を眺めると東京湾を行き交うたくさんの船が見える。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, 市民農園, ジョウビタキ, メス, 富士山, 富士ビタキ, 東京湾, 合成, 生成AI,

今年3月に別れたジョウビタキに駐車場で再会した!

今年3月に駐車場で別れたジョウビタキだけど、その駐車場で車をとめると、パッと正面を横切った鳥がいた。車からおりてそっと近づくとジョウビタキメスだった。別れた個体と同じかどうか分からないけど、7ヵ月ぶりに再会できたようで嬉しくなる。

近所の池では常連のカワセミとカルガモとともに、最近やって来たオナガガモ、立ち寄りのマガモやオオバンがいるし、夕方になると銀杏のテッペンではモズが鳴いている。帰り際にエナガの群れがやってきて少々騒がしい。こんなに賑やかな秋晴れ日曜日になったのも、きっとジョウビタキ再会できたからだろう。

xx_DSC7689.jpg

xx_DSC7681_202310291808422cc.jpg

xx_DSC7697.jpg

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, ジョウビタキ, メス, 駐車場, 再会, 秋晴れ, 日曜日,

秋晴れにカワセミたちの日常が戻ってきた

猛暑のなかで3番子を育てたカワセミたちは、羽も生えかわってほぼもとの姿になってきた。昨年に引き続き、今年もオスメスの両方がに残っている。一時期は雨がなくの水も枯渇していたが、あまあの水量に戻って、カワセミたちの魚獲りは順調のようだ。ただ、一度魚を獲ると、藪の中に隠れてしまい、なかなか出て来ない。何羽も子供がいたときと比べてはいけないが、ちょっと寂しい気がする。まあ、秋晴れの日々で気持ちがいいし、カワセミのいないときは深呼吸でもして心を落ち着かせるのがいい。カワセミも人間も日常が戻ってきた。

1〇xx_DSC7155
秋晴れの爽やかな空気の中で魚獲り
2〇xx_DSC7078

3SC7187.jpg

4〇xx_DSC7191

5xx_DSC7153.jpg
オスメスカワセミが松の中から魚を狙っている。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, カワセミ, , オス, メス, 魚獲り, 秋晴れ, 日常, ,

上弦の月に空中でチョウゲンボウとカラスがバトル!

昨日は上弦の月。昼間でも南の空に明るく輝いていた。月とは反対側を見上げるとカラスが群れをなして騒いでいる。何事かと思ったら、数羽のカラス猛禽を追いかけているではないか。

カラスは大きさ50cmくらいだけど、猛禽は少し小さくて40cmくらいか。はるか上空のバトルだし、猛禽に詳しくない私としては、(タイトルに書いた)チョウゲンボウなのか、ハヤブサの若鳥なのか、よく分からない。ともあれ、多勢に無勢でカラスは追い出しに成功したようだ(いつものことだけど)。

縄張りは地上だけと思っていたら、空にもあるようだ。もっとも人間の世界だって、よく制空権という言葉を使ってテリトリーを誇示しているからさもありなん。

xx_DSC7120_20231023222039ed9.jpg
xx_DSC7151.jpg
南の空には上弦の月

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, 上弦の月, チョウゲンボウ, ハヤブサ, カラス, 猛禽, バトル, 空中, 制空権,

オナガガモが飛来!今年も冬鳥の季節が始まった

今日は朝から気持ちのいい秋晴れの日曜日。近所のに行くと、カルガモが10数羽いる。食パンをちぎってはあげている人めがけてカルガモが集まってくる。と、その中に口ばしの先が黄色くないカモがいるではないか。オナガガモだ。3羽もいる。今年もはるばるシベリアあたりから飛んできてくれた。昨年は10月18日だった。今年は猛暑がつい先日まで続いていたけど、急に涼しくなったこともあり、同じ時期にちゃんと来てくれたのかもしれない。

そういえば、ちょっと前にマガモメスに来ていた。このマガモは立ち寄りで1日でいなくなってしまったけど、オナガガモは例年こので冬越しするので、これからだんだん増えて来るに違いない。さあ、今年も冬鳥の季節が始まった!

xx_DSC7075.jpg
飛来した3羽のオナガガモ
xx_DSC6809.jpg
しばらく前に立ち寄ってくれたマガモメス

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, , オナガガモ, 冬鳥, シベリア, マガモ, メス, カルガモ,

初めて見たモズのはやにえ(速贄)

裏山の草地が刈られてからモズも活発に動き始めた。モズを見つけて飛んで行く方向を見ると、枝にとまって何かを食べている。特に何か捕まえたわけではないのに、「あれ!」と思ってカメラのファインダーを拡大してみると、枝に刺した昆虫を食べているではないか。干物にはまだなっていない昆虫だ。そうか!これがはやにえ速贄)というやつか、と思った次第である。初めて見た。

ちょっと前のNHK番組「ダーウィンが来た!」でモズはやにえの話をやっていた。モズ同士のテリトリー争いの間に、はやにえにした餌を他のモズつまみ食いする話が面白かった。裏山ではやにえ昆虫を食べていたのはモズメスだったけど、他にモズがいなかったので、さすがにつまみ食いではなさそうだ。

xx_DSC6935.jpg
はやにえにした昆虫を食べている。
xx_DSC6951.jpg
ちょっと獰猛に見えるけど・・・
xx_DSC7371.jpg
見ようによってはとても可愛く見える。
xx_DSC6912.jpg

xx_DSC6962.jpg
モズの精悍な姿がかっこいい!

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, モズ, メス, はやにえ, 速贄, 昆虫, ダーウィンが来た, つまみ食い,

草地はノビタキが去り、腰高の雑草が刈られてハクセキレイの餌場に

エゾビタキもコサメビタキも立ち寄りであるが、近所の裏山にひろがる草地ノビタキが立ち寄ってくれた。この草地は腰高の雑草(「雑草という名の草はない」と、らんまんの万太郎に怒られてしまうけど)が生い茂り、野鳥がどこにいるのか見つけられなかったが、たまたまススキの上にメスノビタキがとまっていた。以前オスのノビタキを見たのは北海道倶知安駅の隣の公園だった。オスの印象が強くて、最初に見たときはモズかと思ったノビタキメスではあるが、近所で見るのは初めてである。渡りの時期になるとこんな都市部にも出てくるんだ。

腰高の「雑草」は2日前にすべて切られてしまった。おかげで草地が広く見渡せるようになった。ノビタキはいなくなってしまったが、その代わりにハクセキレイの群れが餌を求めて刈られた草地を自由に飛び回っていた。

xx_DSC6955.jpg
xx_DSC6854.jpg
雑草が刈られた後、ハクセキレイが餌を求めて群がっていた
xx_DSC7419.jpg
バッタを捕まえて誇らしげ!
xx_DSC6881.jpg
今日の雨でたまった水を飲んでいるハクセキレイ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, ノビタキ, メス, ハクセキレイ, ススキ, 草地, 雑草, 立ち寄り, らんまん,

寒くなってコサメビタキが旅立ってしまった

エゾビタキのいた近所の公園コサメビタキもいた。もっとも北海道で撮影したコサメビタキはお腹が白くて、アイリングもはっきりしていたので、もしかすると公園のはサメビタキかもしれない。でも、野鳥仲間の言にしたがってコサメビタキということにしておこう。

エゾビタキはまだ数羽いるようであるが、コサメビタキはもう姿を見せてくれない。横浜では急に寒くなったこともあり、南方へ旅立ってしまったのだろう。来年もまたミズキを食べに寄って欲しい。

xx_DSC7060.jpg
ミズキをくわえて桜の木に飛んできた。
xx_DSC7030.jpg

xx_DSC7115.jpg

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, 旅鳥, コサメビタキ, サメビタキ, ミズキ, , 公園,

百日草でイチモンジセセリがお見合い

今年の夏は異常な炎天下でマーガレットとマリーゴールドは早々と萎えてしまった。ただ、なぜか日日草(ニチニチソウ)だけが元気だ。その日日草と名前は似ているけど、キク科の百日草ヒャクニチソウ)が近所の公園の花壇で咲いていた。

その百日草の花にイチモンジセセリチャバネセセリかもしませんが、自信ないです)がとまって蜜を吸っていた。そこによく似たチャバネセセリイチモンジセセリかもしれません)がやってきて鉢合わせして、何だかお見合いをしているように見える。羽に4つの銀紋が並んでいるイチモンジセセリだけど、茶色の小さな体に比べると目が大きくて可愛い。この花壇の近くにミズキがあって、この時期はエゾビタキがよくミズキの実を食べに来る(前々回の投稿)。エゾビタキも色は地味だけど、目がクリクリしていて可愛い。何か共通点を感じる。

一緒に、アオスジアゲハ赤とんぼの写真も載せておこう。

xx_DSC7359.jpg
xxsmall_DSC7251アオスジアゲハ
xx_DSC7269.jpg

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

tag : 横浜, イチモンジセセリ, チャバネセセリ, , 百日草, ヒャクニチソウ, アオスジアゲハ, 赤とんぼ, エゾビタキ,

お彼岸去っても彼岸花はまだ元気!

近所の池の周りは、お彼岸の時期になると赤い彼岸花が満開になる。英語でRed Spider Lilyと言われるだけあって、赤い蜘蛛のように怪しげである。 今年の彼岸花はいつもよりも長~く咲いている気がする。もう2週間を超えている。

昨年「オナガと彼岸花」を水飲み場で撮影したのは9月17日だった。今年もオナガと一緒を狙ったのだけど、水飲み場に降りてきてくれなかった。水飲み場の近くには赤い彼岸花だけでなく、黄や白の彼岸花(それぞれ1本だけど)も咲いている。今年はハトのカップルが降りて来てくれた。

水飲み場ではないが、池の中央にある小さな島にも彼岸花が咲いている、ちょうどアオサギがその島に上陸した。彼岸花を上から見下ろす姿を見ていると、今にも食べそうだった。カルガモのカップルも小島に上陸した。アオサギのついでに、向き合うカルガモたちをむりやり彼岸花と一緒に撮影した。最後は定番の蝶と彼岸花である。定番だけあって色合いといい、形といいよく似合う。

1sxx_DSC6779.jpg
今に彼岸花を食べそうなアオサギ
2xx_DSC6769.jpg
ハトのカップルが水飲み場に降りて来た。
3xx_DSC6693.jpg
ハトの凛々しい姿は彼岸花に似合うな。
4xx_DSC6861.jpg
1本ずつだけど、黄と白の彼岸花も咲いている。
5sxx_DSC6758.jpg
小島に上陸したカルガモ

6sxx_DSC6762.jpg
彼岸花の向こうをカルガモが泳いでいる。
7sxx_DSC6696.jpg
やっぱり定番に蝶と彼岸花。形も色もよく似合う。

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, 彼岸花, アオサギ, ハト, カルガモ, 水飲み場, 小島, 赤い,

プロフィール

ogamonja

Author:ogamonja
ようこそ「カワセミ礼讃」ブログへ

最新記事
カレンダー
09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
写真
52位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
12位
サブジャンルランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR