FC2ブログ

野鳥撮影も桃栗3年柿8年ですが・・・

桃栗3年柿8年といいますが、カワセミに魅せられ野鳥撮影を始めて8年になります。幸いなことに、先日は藤沢市生涯学習コミュニティで野鳥観察の話をさせてもらいました。話をするために、あらためて野鳥の勉強をしたのですが、知らないことや間違って覚えていたことはもちろん、数多くの疑問も湧いてきて。野鳥観察自然環境に対する興味がますます深まりました。

このルリビタキのように胸を大きく膨らませ、来年も楽しく野鳥趣味を満喫したいと思います。

膨らむルリビタキ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, 市民の森, ルリビタキ, 藤沢市, 生涯学習, 柿8年, 野鳥観察, 自然環境, アニメーション,

新参者のカワセミが逆光でホバリング-アニメーション

今日も朝から快晴。久しぶりに近所のにでかけた。古参のオスとメスのカワセミの他に、新参者カワセミがいた。古参に見つかると追いかけられて逃げるのであるが、また戻ってきては銀杏や桜の木にとまって魚獲りをする。とはいえ、魚がいないのか、魚獲りが下手なのか、うまく行かないことが多い。

杉の木から飛び込んだと思ったら、目の前でホバリングを始めた。1年くらいカワセミホバリングにご無沙汰というか、うまく撮れていなかったが、今日はさすがに目の前だったのでちゃんとピントもあってうまく撮れた。逆光だったので、羽が陽で輝いていて美しい。せっかくなのでアニメーションにしてみた。

新参者カワセミはいろいろ失敗続きだけど、ホバリング撮影は久しぶりに成功だった。新参者カワセミくんも頑張って欲しい。

逆光のホバリング
杉の木からホバリングをして狙ったが、途中で気が変わってあきらめた。
xx_DSC7929.jpg
次は桜の木にとまって魚を狙っていたけど・・・
xx_DSC7915.jpg
またまた失敗のようだった。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, カワセミ, , 魚獲り, 新参者, ホバリング, アニメーション, 逆光,

幸せの青い鳥と幸せの「はひふへほ」

先々週から幸せ青い鳥 ルリビタキに会いに横浜市民の森に通っている。同じ個体で、同じ場所で、同じようなポーズの写真を何枚も撮っては、もっといい表情の写真があるんじゃないか、とまた撮りに行きたくなるのだ。

幸せの「はひふへほ」というのがある。
は・半分でいい
ひ・人並でいい
ふ・普通でいい
へ・平凡でいい
ほ・程々がいい
その昔、テレビ朝日のドラマの中で聞いた言葉で、とても気に入っている。とはいえ、幸せ青い鳥の写真となると「程々でいい」とか思っているくせに、どうしても欲深くなってしまって、何枚も何枚も同じような写真を撮る羽目になる。まあ、それも趣味のうちであるが、なかなか「」から抜け出せないものだ。

〇xx_DSC3560

〇xx_DSC3598

〇xx_DSC3013

〇xx_DSC3350


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, 市民の森, ルリビタキ, 青い鳥, 幸せ, はひふへほ, ,

「鎌倉殿の13人」最後は穏やかな陽の光の中で

鎌倉殿の13人」は意表を突くラストで完結した。13人の血を流したドラマの壮絶なラスト政子が「ご苦労さま」と義時にかけた労いの言葉は、そんなラストを創造した三谷幸喜自身に向けた言葉のような気がする。それにしても政子の嗚咽を聞きながらのブラックアウト。これには言葉もない。

鎌倉殿の13人」では野鳥の鳴き声が効果的に織り込まれていた。ブラックアウトのあとにはせめて穏やか陽の光の中で義時を見送ってあげたいものだ。これはそんな気持ちの写真である。

xx_DSC7710.jpg

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, カワセミ, 鎌倉殿の13人, ラスト, 労いの言葉, 義時, 政子, 三谷幸喜, ブラックアウト, 陽の光,

ルリビタキくんのご愛嬌ーアニメーション

ルリビタキオスはお洒落でイケメンだと思う。そのイケメンがお笑いとまではいかないが、結構愛嬌があって可愛らしい振る舞いをする。一枚の写真だけでは分からないが、2枚の写真を連続してアニメーションにしてみると、その愛嬌さを楽しむことができる。

ひとつはお辞儀。もう一つは左右の振り向きだ。振り向きを左右にすると首振りのようにも見える。ちょっと遊びが過ぎかもしれないが、これが人間の趣味の楽しみということで、ルリビタキ君許してください。

ルリビタキのお辞儀
ルリビタキの首振り

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, ルリビタキ, オス, 愛嬌, 可愛い, お辞儀, 首振り, アニメーション,

ルリビタキのオスの若鳥は、メスに気に入ってもらう必要がないから、地味な出で立ちなのか

先日のルリビタキのオスの成鳥がいる場所のそばにオスの若鳥(オス若と呼ぶ)もいる。オス若は、一見するとメスに似ていてその違いが分かりにくい。メスもオス若も全体がオリーブ褐色だし、尾は青く、白いアイリングがある。

違いは何かというと、成鳥ほどではないが、オス若は脇の山吹色がハッキリしている。それに比べるとメスの脇は淡い橙色だ。それとうがった見方ではあるが、メスのあどけない顔がなんとなくオス若よりも可愛く見えてしまう。

オオルリ、キビタキ、ジョウビタキのオスは派手な出で立ちだ。メスは地味であるけど、おしなべて可愛く見える。これはヒタキ科の特徴なのだろか?

求愛のときにメスに気に入ってもらわないといけないので、オスは派手なのかもしれない。ということはメスはオスの派手さが分かるということか。そうすると、オス若が派手でないのは、メスに気に入ってもらう必要がないからかもしれない。求愛するには早すぎるという生物上の理由なのか。逆に、メスが可愛いということがオスに分かるのだろうか。いろいろ疑問が募って楽しい。

xx_DSC2768.jpg
ルリビタキのオス若。脇が山吹色ではっきりしている。gooブログのスケッチブックさんによると、目と口ばしの位置関係でオスとメスが判別できるそうだ。これは口ばしよりも目が下にあるのでオスである。
xx_DSC2734.jpg
上の場所と少し離れている場所ではあるが、橙色が濃いので当初はオス若だと思っていたが、目が口ばしよりも上にあるのでメスではないか。
xx_DSC9524_20221212171829764.jpg
これは近所の裏山で撮ったルリビタキのメス。目が口ばしよりも上にある。脇が淡い橙色。なんとなくおどけなくて可愛く見える。その点オスはやんちゃ坊主にも見える。
xx_DSC2708.jpg
2番目の写真と同じ個体。この角度から見ても、目が口ばしよりも上にあるのでメスだと思う。オス若と同じく青いというか瑠璃色の尾。尾は成鳥と同じだ。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, ルリビタキ, 成鳥, 若鳥, 山吹色, 橙色, 地味, 派手, 生物上,

「ラッキー!」が倍になったルリビタキ

近所の池を訪れる人の多くは、カワセミを見つけると「ラッキー!」と喜ぶ。メーテルリンクの青い鳥は鳩のようだけど、私にとって身近な青い鳥はやっぱりカワセミだ。でも、毎日のように見ているとその感覚がだんだんと薄れてしまう。それにひきかえ夏鳥のオオルリや冬鳥のルリビタキを見ると、思わず「ラッキー!」と叫んでしまう。

今日は天気もいいし、ちょっと足を伸ばしてラッキールリビタキを撮りに行った。今季初めてだ。午前中に何回か人前に出てきたのであるが、二つの個体のような気がする。ひとつの個体は今年の年賀状で使った昨年撮影したルリビタキにそっくりでまるぽちゃ可愛い。もうひとつの個体は普通だけど、まるぽちゃに比べるとスリムに見える。

とにかく、今年の冬は倍のラッキーで楽しめそうだ。

xx_DSC2630_2022121121291862b.jpg
まるぽちゃルリビタキ。2022年の年賀状に使ったルリビタキに仕草がそっくり。
20220101125359861_20221211212918639.jpg
これが2022年1月の年賀状に使ったルリビタキ。同じ場所である。
xx_DSC2681.jpg
まるぽちゃに比べるとスリムに見えるルリビタキのもう一つの個体。
xx_DSC2661.jpg
逆側から見ると、まるぽちゃとはちょっと違って見える。もっとも同じ場所に二つの個体というのは疑問だけど、そう思いこんでラッキーが倍になるのだからいいかな。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, ルリビタキ, まるぽちゃ, 可愛い, 青い鳥, ラッキー,

ウグイスの地鳴きとさえずりの顔を比べると

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」もあと2回を残すのみ。このドラマでは場面に応じていろいろな野鳥の鳴き声がバックに流れるが、10月にこんな投稿をした。
―――――――――――――
鎌倉を去ることになった時政が、外でチャッチャッと鳴く鳥の声を聞きながら息子の義時にこう説いた。
「あの声、何の鳥かわかるか?ウグイスだよ」「ホーホケキョだと思ってるだろ。違うんだ。ホーホケキョと鳴くのはオス。メスを口説くときに鳴くんだ。普段はチャッチャチャチャ。ありゃウグイスだ。間違いない」
りくの前の時政はいつも調子よくホーホケキョとさえずっていたけど、本来の声はチャッチャッと地鳴きということなのか・・・
―――――――――――――

そこで興味を持ったのが、地鳴きさえずりウグイスが違うのか、ということだ。今日は裏山の水場でウグイス地鳴きをしながら水浴びに来た。同じ個体のウグイスでないと比較はできないが、まあそれはおいといて、地鳴きさえずりの2枚の写真を見比べてみた。

オスのさえずりは求愛と縄張りの主張、つまりメスを誘惑したり他のオスをけん制したりするためだ。時政がりくの前で調子のいいことばかり言っているときので、相手の色を伺いながらのだ。それに比べて地鳴きは「私はここにいるぞ」とメッセージを発しているので、普段の自分の本来のだろう。時政であれば仏頂面でわがままなになるかもしれない。

そんなことを考えながら、下の写真で地鳴きをしているウグイスの顔をみていると、何かとても素直な顔に見えてくる。ちょっと臆病で小心者のような気もする。それに比べて、さえずるウグイスは胸を張って堂々とした顔に見えてくる。普段は小心者でもいざとなると大胆な行動ができるのか。いやいやきっと無理して大物に見える演技をしているのかもしれない。

てなことを考えるのも、週末の楽しみだ。

xx_DSC2454.jpg
「チャッチャチャチャ」と地鳴きをしながら水浴びに来たウグイス。
y_DSC4080_20221210165905e06.jpg
ホーホケキョ」と大きな鳴き声で高らかにさえずるウグイス。今年の5月の写真。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, ウグイス, 地鳴き, さえずり, , 鎌倉殿の13人, 時政, ホーホケキョ, ,

絵画のような晩秋のカワセミだけど・・・

近所の池では黄色や赤色の枯葉が美しい。紅葉や黄葉真っ盛りの時期はもちろん素晴らしいけど、この晩秋の時期もとても好きだ。カワセミ背景が、赤や黄や緑のカラフルでいて、それぞれが出しゃばらない淡い色絵具で塗ったようになるからだ。なぜ絵具のようになるかというと、それはレンズの2線ボケの効果が大きいと思う。

2線ボケとは写真に写った1本の線がぼけて2本に見えるボケのことである。特に超望遠で絞り開放で撮ると、色の収差の影響で背景にある木の枝が2線ボケになってしまう。写真によってはゴチャゴチャして好ましくない絵作りになってしまうけど、この時期のカラフルな背景を作るにはちょうどいいと思う。特に、曇りの日はコントラストが弱いので、淡い色がいっそう薄い絵具のようになって、出来上がりが絵画風になるのだ。

yy_DSC2421.jpg
ゴッホの絵のように(といったら大変失礼だけど)背景が揺れて見える。黄色は銀杏の落葉、赤は枝についているモミジの枯葉、緑は常緑樹の葉である。
xx_DSC2415.jpg
モミジを前景にすると、こんな感じになる。ちょっと2線ボケが強すぎるかもしれない。
xxx_DSC2432.jpg
このくらいがちょうどいいかな。
xx_DSC2382.jpg
背景に線がないと、全くのフラットであるが、これもなかなかいい。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, カワセミ, 晩秋, 絵画, 2線ボケ, 淡い色, 絵具, 背景,

俳句から思う「もみカワ」の謎

先日、藤沢市のある生涯学習コミュニティで野鳥撮影の趣味話をさせて頂いた。身近な野鳥の写真を紹介しながら野鳥観察の楽しさを語るのだけど、野鳥を組み合わせた写真がやたらに多くなってしまった。カワセミで言えば、この季節は「もみカワ(=モミジ+カワセミ)」になる。春は桜カワセミ、夏は蓮カワ(蓮のカワセミ)だけど、どうしてカワセミ紅葉を組合せて撮りたくなるのだろう。

カワセミは一年中いるし、子育ての時期は別にして、魚獲りや水浴びはいつも同じなので、季節感を出すつもりで紅葉をフレームの中に入れるのだと思う。俳句でいうと季語になるかもしれない。

俳句は人や生活や動物や自然などの世の中の有様を季語とともに575という言葉のルールで表現するし、写真は同じく世の中の有様を小さな四角形の中で表現する。上手な俳句を詠むと、そのときの情景を思い浮かべて楽しむことができ、しだいに余韻を残しながらその情景が薄れてゆく。写真は具体的な情景そのものだけど、そんな余韻を残せたらいいな、と思っている。

xx36_DSC7497.jpg
晩秋のカワセミの水浴び。陽の傾いた静かな池で、パシャっとカワセミの飛び込む音が聞こえた・・・なんて写真になるといいな。
xx_DSC7511_20221204175440139.jpg
これは椿とカワセミだけど、単に組み合わせただけで余韻を感じることはないかも。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 生涯学習, カワセミ, 趣味, 余韻, 俳句, 季語, , 紅葉, 藤沢,

プロフィール

ogamonja

Author:ogamonja
ようこそ「カワセミ礼讃」ブログへ

最新記事
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
写真
27位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
5位
サブジャンルランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR