fc2ブログ

ルリビタキよ!今年の冬もまた戻って来ておくれ

例年だと桜がそろそろ咲き始める頃だけど、今日みたいに寒いとちょっと先になるかもしれない。桜が咲く前に山へ帰ってしまうルリビタキだけど、近所の森にいたルリビタキの姿が見えなくなった。富士山あたりに帰ってしまったのかもしれない。今年は12月から市民の森をはじめ、横浜の市街地にたくさんのオスやメスのルリビタキが来てくれた。

野鳥ファンに限らず、誰でもが可愛いルリビタキの姿を見て幸せを感じるに違いない。私の最近の年賀状はだいたいルリビタキになってしまった。テレビをつければ戦争やテロのニュースばかり。世界の平和と人類の幸せを願う気持ちがより強くなるからだろう。ルリビタキよ!今年のもまた戻ってきておくれ。

〇7xx_DSC3272
はい、分かりました!と答えてくれているかも(笑)
〇2yy_DSC5173
この平和の使者はとても人懐っこかった。
〇3xx_DSC2991
まさに、幸せ青い鳥だ!
〇4xx_DSC5317
市民の森はちょっと寂しくなるけど
xx_DSC2736_20240323152602bd6.jpg

〇6xx_DSC1369
また今年もも戻って来てくれ!
〇xx_DSC2605

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, ルリビタキ, オス, 幸せ, 平和, 青い鳥, 可愛い, 市民の森, ,

たまには原点に戻ってカワセミ礼讃!しよう

近所の市民の森には、ルリビタキやジョウビタキのオスメスをはじめ、アオジ、アカハラ、ウソ、カワラヒワ、シロハラ、ツグミ、トラツグミなど、たくさんの冬鳥であふれている。満開の梅にはメジロが来るし、朝起きて天気予報を見ながらどこに行こうか迷ってしまう。そのため、カワセミにご無沙汰になり「カワセミ礼讃」のタイトルが少々かすんでしまった。

とはいえ、メスオスカワセミはあまり活発ではなく、枝にとまってまったりしている時間が長い。数時間いても、2羽で数回くらいしか魚獲りをしてくれない。それでだんだん遠のいてしまったのであるが、そろそろ原点に戻ってカワセミ礼讃!しようと思う・・・けど、しばらくは目移りしそうだな。

〇1xx_DSC9207
オス魚獲り。魚は小さい。
〇2xx_DSC9208

〇3xx_DSC7312
まったりしているオス
〇4xx_DSC5654
大きな口をあけて、暇そうなメス
〇5xx_DSC6472
オスメスはまだ離れて暮らしている。たまに接近することも。
〇6xx_DSC7345
たまに、メスが魚を獲る。夕陽に輝いて眩しい。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, 市民の森, カワセミ, , オス, メス, 魚獲り, 冬鳥, 礼讃,

ルリビタキと紅葉のコラボ・・・スマホが支える野鳥趣味

この時期の楽しみは紅葉野鳥のコラボ。瑠璃色のカワセミと紅葉の組み合わせは素晴らしい。カワセミは1年中いる留鳥であるが、冬になると山から平地におりてくる瑠璃色の漂鳥がいる。それがオスルリビタキだ。

横浜には市民の森があり、ルリビタキが丹沢あたりから移動してくる。そこに高齢者を中心に野鳥ファンがルリビタキ紅葉のコラボを撮りに来る。とはいえ、市民の森はとても広いし、お目当てのルリビタキオスがどこにいて、しかも紅葉と一緒に撮れる場所はどこなのか、普通ならばよく分からない。そこで活躍するのがネットである。

SNSには撮影場所を書かないのが暗黙の協定なのであるが、どこかの撮影場所でSNSをアップしている人と知り合いになり、SNSのアカウントと実際の人が紐づいてしまうと、どこでどんな野鳥を撮影したのか、という状況を把握できるようになる。詳細はLINEやメールで個別に連絡をとり、撮影場所に行ったらリルタイムに電話を使うこともある。野鳥趣味の必須アイテムがスマホだし、野鳥趣味は高齢者のDXに大きく貢献していると思う。

1〇yy_DSC1298
紅葉(もみじ)から飛び出してきた・・・ルリビタキオス
2〇xx_DSC1163
瑠璃色の精悍な姿。形式写真のようだ。
4〇xx_DSC1175
光のあたるところにちょこっと顔を出した。枝の陰がちょっと気になるけど、いい感じ。
3〇xx_DSC1076

5〇xx_DSC1280
実際、この時期になると紅葉(もみじ)の大半が散ってしまう。そのおかげで鳥がよく見える。もっともいい場所にとまらないと、撮るのは難しいけど。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, ルリビタキ, オス, 市民の森, 紅葉, 瑠璃色, 高齢者, スマホ, SNS,

キビタキだと思ったら相思鳥だった

子供の日の今日、朝からキビタキ探しで近くの市民の森にでかけると、森の入口でキビタキが大きな声で鳴いていた。高い樹木のすき間から黄色い姿を遠目で発見したのだけど、残念ながら近くに降りて来ないので、別の場所で探そうと歩き始めた。とすぐに、目の前に黄色い小鳥が出てきて大きな声で鳴いている。キビタキだ!と思ってカメラを向けるとソウシチョウだった。

どこの森に行ってもガビチョウの大きな声に悩まされるのであるが、ガビチョウとともにソウシチョウも特定外来生物に指定されている。ただ、横浜の話ではあるがソウシチョウはガビチョウほど広がっていないし、鑑賞用として派手な色合いではあるが、バランスのとれたポップカラーだと思う。

外来種といえば、近所の池の周りはキショウブが咲き乱れ、その下でウシガエルが鳴き、池にはブルーギルが泳いでいる。我が家も大きな西洋タンポポに囲まれている。身の周りは外来種であふれていて、在来の生態系に影響を与えていることは確かだとは思う。相思相愛から相思鳥ソウシチョウ)と名がつけられたそうだけど、外来種と在来種が相思相愛になることは難しいのだろうなぁ。

xx_DSC1353.jpg

xx_DSC1296.jpg

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, ソウシチョウ, 相思鳥, 市民の森, 外来種, ポップカラー, キビタキ,

野鳥撮影も桃栗3年柿8年ですが・・・

桃栗3年柿8年といいますが、カワセミに魅せられ野鳥撮影を始めて8年になります。幸いなことに、先日は藤沢市生涯学習コミュニティで野鳥観察の話をさせてもらいました。話をするために、あらためて野鳥の勉強をしたのですが、知らないことや間違って覚えていたことはもちろん、数多くの疑問も湧いてきて。野鳥観察自然環境に対する興味がますます深まりました。

このルリビタキのように胸を大きく膨らませ、来年も楽しく野鳥趣味を満喫したいと思います。

膨らむルリビタキ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, 市民の森, ルリビタキ, 藤沢市, 生涯学習, 柿8年, 野鳥観察, 自然環境, アニメーション,

プロフィール

ogamonja

Author:ogamonja
ようこそ「カワセミ礼讃」ブログへ

最新記事
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
写真
48位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
9位
サブジャンルランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR