FC2ブログ

ビッグな自動車船(Car Carriers)で賑わう東京湾

今日も東京湾の話だけど、昨日の夕方は自動車船(Car Carriers)が次々と外海に向けて航行していた。コンテナ船と自動車船の大きな違いは荷物の陸揚と塔載の方法にある。

コンテナ船の場合は、港に設置された大きなクレーンを使って積み下ろしや積み込みが行われる。自動車船の場合も、その昔はクレーンで行われていたが、1960年代からRO-RO(roll-on/roll-off)方式といって、自動車が自走して船に入ったり出たりする形に変わった。そのため、フェリー船のように港の岸壁と船の車両甲板を渡すランプウェイがついており、自動車はこのランプ上を走って船の中に入る。

下の写真の船は川崎汽船の Iguazu Highway(船籍:パナマ)だ。川崎汽船のマークである”K”の左の船尾に大きなランプがある。港に着くと、このランプを下げて自動車の出し入れを行う。
x_DSC5007IGUAZU HIGHWAY

船の名前はイグアスの滝から命名されたそうだ。確かに高層ビルのように海面からそそり立っている。というのも、自動車の高さに合わせて船内にいくつものフロアーがあって、自動車を効率的にたくさん搭載するためだ。このIguazu Highwayは最大7450台もの車を搭載できるそうだ。

下の3枚の写真は6000数百台の車を搭載できる商船三井が運用している自動車船だ。全長は199m、船幅32mだ。船名にみなACEがついているが、これは商船三井のブランド名でACE(Auto Carrier Express)のことだ。
x_DSC4996GENUINE ACE
GENUINE ACE(船籍:リベリア、製造:三井E&S)
x_DSC4950ORCHIP ACE
ORCHID ACE(船籍:日本、製造:トータスエンジニアリング)
x_DSC4992ONYX ACE
ONYX ACE(船籍:リベリア、製造:三菱重工)

下の自動車船 わこう(船籍:日本、製造:新来島どっく)は自動車搭載台数は約500台である。全長118m、船幅17mとちょっと小さめだけど、見た目はかなり迫力がある。
x_DSC4994HONDAわこう

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

tag : 横浜, 東京湾, 自動車船, 自動車運搬船, RO-RO, ランプ, 川崎汽船, 商船三井,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogamonja

Author:ogamonja
ようこそ「カワセミ礼讃」ブログへ

最新記事
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR