FC2ブログ

カシラダカで思う「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

鼻っ柱の強い若造の頃に「実るほど頭を垂れる稲穂かな」と教え諭されたものだ。稲の穂は実が入ると重くなって垂れ下がってくるのと同じで、学や徳を積むと人間だんだん謙虚になるものだ、ということだ。謙虚になると多くの人から知恵を授けられ、さらに学や徳が深まっていく。

偉くなったり有名になったりすると、周りの人がお世辞ばかり言って、なかなか本当のことを言ってくれなくなるものだ。だから謙虚に人と接しないと、自分の悪いところや真に良いところも分からずじまいということになる。

なんでこんな話になるかというと、今日はカシラダカ(頭高)の群れに出会ったからだ。カシラダカはその名の通り、頭の羽(冠羽)が立っていて威厳があるように見える。人間だと内面の話ではなく、外向きの肩書のように、前述の偉いとか有名といったところかもしれない。お正月くらいは煩悩まみれの自分の姿に気づいて頭を垂れないといけないな、と思ったしだいである。

xx_DSC4419.jpg
頭の毛が立っていて他の鳥に比べるとある種の威厳を感じるけど、リーゼントカットだと思うとチャラい?とも思える。
xx_DSC4370_20230103175447e02.jpg

xx_DSC4462.jpg
カシラダカと一緒にいたアオジを見ていると、坊主頭に見えてくるから不思議だ。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, カシラダカ, 冠羽, 謙虚, 頭を垂れる稲穂, お正月, 肩書,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogamonja

Author:ogamonja
ようこそ「カワセミ礼讃」ブログへ

最新記事
カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
写真
8位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
2位
サブジャンルランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR