FC2ブログ

ルリビタキのオスの若鳥は、メスに気に入ってもらう必要がないから、地味な出で立ちなのか

先日のルリビタキのオスの成鳥がいる場所のそばにオスの若鳥(オス若と呼ぶ)もいる。オス若は、一見するとメスに似ていてその違いが分かりにくい。メスもオス若も全体がオリーブ褐色だし、尾は青く、白いアイリングがある。

違いは何かというと、成鳥ほどではないが、オス若は脇の山吹色がハッキリしている。それに比べるとメスの脇は淡い橙色だ。それとうがった見方ではあるが、メスのあどけない顔がなんとなくオス若よりも可愛く見えてしまう。

オオルリ、キビタキ、ジョウビタキのオスは派手な出で立ちだ。メスは地味であるけど、おしなべて可愛く見える。これはヒタキ科の特徴なのだろか?

求愛のときにメスに気に入ってもらわないといけないので、オスは派手なのかもしれない。ということはメスはオスの派手さが分かるということか。そうすると、オス若が派手でないのは、メスに気に入ってもらう必要がないからかもしれない。求愛するには早すぎるという生物上の理由なのか。逆に、メスが可愛いということがオスに分かるのだろうか。いろいろ疑問が募って楽しい。

xx_DSC2768.jpg
ルリビタキのオス若。脇が山吹色ではっきりしている。gooブログのスケッチブックさんによると、目と口ばしの位置関係でオスとメスが判別できるそうだ。これは口ばしよりも目が下にあるのでオスである。
xx_DSC2734.jpg
上の場所と少し離れている場所ではあるが、橙色が濃いので当初はオス若だと思っていたが、目が口ばしよりも上にあるのでメスではないか。
xx_DSC9524_20221212171829764.jpg
これは近所の裏山で撮ったルリビタキのメス。目が口ばしよりも上にある。脇が淡い橙色。なんとなくおどけなくて可愛く見える。その点オスはやんちゃ坊主にも見える。
xx_DSC2708.jpg
2番目の写真と同じ個体。この角度から見ても、目が口ばしよりも上にあるのでメスだと思う。オス若と同じく青いというか瑠璃色の尾。尾は成鳥と同じだ。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, ルリビタキ, 成鳥, 若鳥, 山吹色, 橙色, 地味, 派手, 生物上,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogamonja

Author:ogamonja
ようこそ「カワセミ礼讃」ブログへ

最新記事
カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
写真
8位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
2位
サブジャンルランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR