FC2ブログ

俳句から思う「もみカワ」の謎

先日、藤沢市のある生涯学習コミュニティで野鳥撮影の趣味話をさせて頂いた。身近な野鳥の写真を紹介しながら野鳥観察の楽しさを語るのだけど、野鳥を組み合わせた写真がやたらに多くなってしまった。カワセミで言えば、この季節は「もみカワ(=モミジ+カワセミ)」になる。春は桜カワセミ、夏は蓮カワ(蓮のカワセミ)だけど、どうしてカワセミ紅葉を組合せて撮りたくなるのだろう。

カワセミは一年中いるし、子育ての時期は別にして、魚獲りや水浴びはいつも同じなので、季節感を出すつもりで紅葉をフレームの中に入れるのだと思う。俳句でいうと季語になるかもしれない。

俳句は人や生活や動物や自然などの世の中の有様を季語とともに575という言葉のルールで表現するし、写真は同じく世の中の有様を小さな四角形の中で表現する。上手な俳句を詠むと、そのときの情景を思い浮かべて楽しむことができ、しだいに余韻を残しながらその情景が薄れてゆく。写真は具体的な情景そのものだけど、そんな余韻を残せたらいいな、と思っている。

xx36_DSC7497.jpg
晩秋のカワセミの水浴び。陽の傾いた静かな池で、パシャっとカワセミの飛び込む音が聞こえた・・・なんて写真になるといいな。
xx_DSC7511_20221204175440139.jpg
これは椿とカワセミだけど、単に組み合わせただけで余韻を感じることはないかも。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 生涯学習, カワセミ, 趣味, 余韻, 俳句, 季語, , 紅葉, 藤沢,

2022年師走の土曜日はカワセミの晩秋サービス

午後から晴れ間が見えてきた12月最初の土曜日。年をとると時間が経つのが早く感じる、とチコちゃんが言っていたけど、もう2022年も師走だ。

近所のに行くと、いつものようにオスとメスのカワセミが別々の枝にとまっている。どっちでもいいので、たまにはモミジの木にとまらないか、との期待していたら、今日は不思議にも何回かモミジの木にとまってくれた。いつもはあまりとまらないので、きっと晩秋サービスに違いない。

そのモミジの木はほとんど葉が落ち、枯葉が少し枝についている程度だけど、それが晩秋の雰囲気を醸し出してなかなかいける。色とりどりの水面で魚獲りもいいし、明日も天気になるといいな。

yy_DSC7323.jpg

xx_DSC7200.jpg

xx_DSC7232.jpg

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, カワセミ, , 魚獲り, モミジ, 紅葉, 枯葉, 晩秋, サービス,

プロフィール

ogamonja

Author:ogamonja
ようこそ「カワセミ礼讃」ブログへ

最新記事
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR