fc2ブログ

池は凍るし、魚は小さいし、カワセミくんは大変

この寒さで近所のにはがはっている。だいたいは昼前に融けてしまうのであるが、今日はカワセミがいつもいる枝の周辺だけが夕方まで凍っていた。そのため、昼くらいからのないところで魚獲りをすることになる。銀杏、柳、紅葉の木のどれかからのダイビングをする。待機場所が決まっているので写真は撮り易い。それに捕まえる魚は楊枝くらい細くて小さく、何度も飛び込んでくれる。カワセミくんは大変だけど、撮影チャンスが増えてちょうどいい。とはいえ、真剣みがなくなってピンが甘いことが多くなるのは玉にきずだ。

1xx_DSC6724

2xx_DSC6844

3xx_DSC6739

4xx_DSC6676
たまに失敗!

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, カワセミ, , メス, 魚獲り, , 撮影, 写真, チャンス,

まんまるで可愛いルリビタキに出会った!

近所の裏山のルリビタキは姿を見せてくれないので、今日はちょっと離れたルリビタキオスに会いに行った。車で10分くらいでの入口に到着するのであるが、そこから40分かけて目的地まで山の中を歩く。とはいえ往復で7000歩くらいなので、ちょうどいい運動だ。

さて、このルリビタキオスまんまるでとても可愛い。それに人やカメラに抵抗がないようで、近くまで来ていろいろなポーズをしてくれる。カメラマンはよくいるようなので、カメラ慣れしているのかもしれない。現代の子供たちと同じだ。

今季初めてのルリビタキだったけど、長い時間つきあってもらい、おかげで写真もたくさん撮れて、年末年始の休みの初日としては大満足だった。

1〇xx_DSC7447

2〇xx_DSC7347

3〇xx_DSC7568

4〇xx_DSC7409

5〇xx_DSC7738

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, ルリビタキ, オス, , まんまる, 可愛い, 写真, ,

紅葉のジョウビタキ=もみジョ!?

市民農園はいくつかのブロックに分かれている。ジョウビタキメスがいるブロックには大きな木が1本しかなく、葉っぱが全部散って丸裸だ。ジョウビタキはそこによくとまる。おかげで見つけやすいし、写真も撮りやすいが、この時期の紅葉と一緒に季節感のある写真も撮りたいと考えていた。

たまたま、裸の木から飛んで行ったと思ったら、運よく紅葉している木がある公園で餌を探し始めた。おかげで、満点とはいかないが、もみじ+ジョウビタキもみジョ?の写真を撮ることができた。

xx_DSC6605_20211201174827d06.jpg
紅葉バックのジョウビタキもみジョ!?白い輪は公園の入口。
xx_DSC6616.jpg
青空と緑と枯葉。気持ちのいい午後の公園
xx_DSC6629.jpg
紅葉した低木の中のジョウビタキ
xx_DSC6528.jpg
お気に入りの裸の木にとまるジョウビタキ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, ジョウビタキ, メス, 紅葉, もみジョ, 公園, 写真, 市民農園,

今年は最後になった「もみカワ」写真

近所のがかかっているのだけど、今日から来年1月までの塗り替え工事をすることになったそうだ。そのための入口が塞がれてしまい、その場所からしか撮れない「もみカワ写真が撮れなくなってしまった。カワセミさくらにとまっての魚をよく狙うのであるが、そのにとまったカワセミのバックがちょうど紅葉したもみじになるのである。

そのさくらもみじの場所で撮ったモミカワ写真を11月7日にアップした。あれから2週間くらい経っているので、バックのもみじがかなり紅くなってきた。でも、今年はこれが見納めである。

yy_DSC3290〇
11月7日の「もみカワ」写真と比べると、紅色の違いがよく分かる。
xx_DSC3079〇
の上に登り、少し違った角度から狙った「もみカワ写真
xx_DSC3269〇
これはさくらと違う場所なので、この「もみカワ写真はまだ撮れる。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, カワセミ, , , もみカワ, もみじ, さくら, , 写真,

小さな水引草と折られた彼岸花

今日は雨。これは昨日の昼どきの話。久しぶりに裏山の水場に行ったが、蝉の鳴き声ばかりで、野鳥の気配を感じない。ただ、すぐ真下に小さな水引草が咲いていた。赤にも見えるし、白にも見える。ご祝儀袋の飾り紐である紅白の水引から、この水引草の名前が付けられたという。そして、裏山からの帰り道、ツインの彼岸花が咲いていて二つ並んで仲が良さそうだ。

ところが、お寺の境内を通りかかると、出入口の彼岸花が折られているではないか。ちょうど赤い橋が彼岸花のバックに写る場所である。せっかく咲いている彼岸花をどうして折るのだろう?と思っていたら、ある人が「他人に同じ写真を撮らせないためだよ」と話していた。この時期になると、バックに美しい橋や池を配して彼岸花写真を撮る人が増える。もしその言葉が本当だったら、とても悲しいことだ。お寺の境内だから、今頃大きなバチがあたっているかもしれない。そんな人には小さくても温かい水引草は見えないに違いない。

x_DSC1290.jpg

x_DSC1299.jpg

テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

tag : 横浜, 水引草, 彼岸花, お寺, 祝儀袋, 写真, ,

プロフィール

ogamonja

Author:ogamonja
ようこそ「カワセミ礼讃」ブログへ

最新記事
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR