fc2ブログ

カワセミの3番子は何羽いたのか?

果たしてカワセミの3番何羽いたのか?気になるところである。結論から言うと7羽もいたそうだ。私は6羽までであるが、7羽いるところを確認した野鳥仲間がいた。今年の1番が3羽、2番が4羽だったので、カワセミ夫婦は少なくとも14羽の子供を今年誕生させたことになる。近所のカワセミを撮り始めて9年になるが初めての出来事だ。

3番の登場は最初1羽、2日後に4羽になり、その2日後に7羽になった。途中、巣にを持ち帰っていたので、まだ子供がいると期待したけど、7羽になるとは思ってもいなかった。まだお腹の黒い子がたくさんいて、自分でをとることができず、凄まじいの奪い合いをしているが、それがなんとも微笑ましくも感じる。

6羽まで確認はしたけど、写真は子供が1羽から5羽までしか撮れなかった。500mmのレンズに入りきれませんでした(@_@)

1空中分散
枝にとまっていた4羽の子供たちが散らばるさま。アニメーションGIF。
1xx_DSC6322.jpg
1羽。水浴び。
2xx_DSC6240.jpg
2羽。喧嘩?遊び?
3xx_DSC6231.jpg
3羽。待ち。
4xx_DSC6213.jpg
3羽。これも待ち。
5xx_DSC6293.jpg
4羽。勢力争い?
6xx_DSC5802.jpg
親のをめぐって6羽の子が飛びまわる。写真は5羽の子供で、もう1羽は左上にいた。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 横浜, カワセミ, , , 3番子, 子供, , , アニメーション, 何羽,

カワセミの子供たちが魚の奪い合いを始める(アニメーション)

自分でを獲れないカワセミが増えてくると、給餌を待つも増えてくる。は順番にを与えていると思うけど、にしてみれば、まだ自分の番が来ないのかと、にねだったり、給餌された他のからを奪い取ろうとする。大人になってもカワセミは餌場を確保するためにテリトリを守って侵入者と争うけど、生まれた時からその争いが始まっている。

平和な日本の穏健な人たちの中で育った自分がもしカワセミだったら、絶対にこの争いには勝てないだろう。人間の病気の多くはストレスが一つの要因というけど、カワセミのような生物も争いのストレスで寿命が縮まるのかもしれない。

最初のアニメーション給餌をしていると、他のを寄こせと言わんばかりの勢いで飛んで来る。次のアニメーションは、結局を最初の子供にあげたけど、他の子の勢いがすごくて、給餌しながら逃げ出す。いつもながらの凄い世界だ!

①給餌その1
アニメーション その1:給餌していると、他の子が飛んで来る。
②給餌その2
アニメーション その2:他の子の勢いでが給餌しながら退散する。
③xx_DSC5063
アニメーションの1シーン。飛びながら給餌する親と子のカワセミ
④xx_DSC5129
親が戻って来たけど、まだ子供同士で争っている。
⑤xx_DSC5312
これは別の給餌の場面。
⑥xx_DSC5319
同じように他の子が飛んできて邪魔をする。
⑦xx_DSC5324
そして、親が逃げ出す・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, カワセミ, 給餌, , , 子供, , 争い, アニメーション,

ホバリングをうまく撮れないことが楽しい!

3番子の誕生で魚獲りの頻度が増えるだけでなく、ホバリングの回数も増えた。ここ1年は滅多にホバリングをやらなかったのに、なぜだろうか?理由は分からないが、ホバリング写真を撮れるチャンスが増えたことはとても嬉しい限りだ。

とはいえ、の上でホバリングをすると、背景が明るかったりして背景にピントをとられてしまい、肝心のカワセミのピントが合わない。高い銀杏の木からダイビングするのであるが、どこでホバリングするのか分からないので、照準器で位置を定めてファインダーをのぞくまで時間がかかり、その間にホバリングが終わってしまうことも多い。

なかなかホバリングを撮るのは難しいのであるが、それがカワセミ撮影の面白さでもある。このところカワセミ魚獲り成功する確率は少ないのであるが、ホバリング写真の成功確率はそれよりも低い。まだまだ工夫が必要だけど、それを考えるのは楽しいことだ。

1yy_DSC5353.jpg
ホバリングをしながら狙いをつける。このカワセミの姿が美しい。
2ホバリング
ホバリングのアニメーションGIF。ホバリングは写真よりもアニメーションが面白い。魚が逃げたらしく、途中であきらめることが多い。
3xx_DSC5670.jpg
高い銀杏の木からダイビングする。ここがお気に入りの枝。
4xx_DSC5698.jpg
①ホバリングをしていたが、
5xx_DSC5155.jpg
②なんか違うかな、と思い
6xx_DSC5705.jpg
③あきらめて、元の銀杏の木に戻る。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, カワセミ, , ホバリング, 魚獲り, 銀杏, ダイビング, 成功, 楽しい, アニメーション,

3番子の誕生!?頑張るカワセミ夫婦

近所のカワセミ3番子ヒナが誕生したらしい。というのも、カワセミの夫婦が盛んにの魚を獲ってどこかに(きっと巣に)持って行くからだ。特に母親は一所懸命だ。何度もにダイビングするけど失敗が多い。それでも巣で待っている子供ために、猛暑のなか獲れるまで頑張る。

3番子となると、さすがに母親に限らず父親も羽根がボロボロだ。1番子の登場が5月下旬、2番子が7月中旬なので、おそらく9月上旬に3番子にお目にかかれそうだ。天敵のヘビや台風の風雨に負けないで、しっかりと子育てを頑張って欲しい。

魚獲り
xx_DSC5437.jpg
母親父親も羽根はボロボロ。
xx_DSC5603.jpg
魚獲り成功!これくらいの魚の大きさがヒナにはちょうどいいかも。
xx_DSC5538.jpg
失敗だけど、水飛沫は凄い!
xx_DSC5526.jpg
魚獲り成功!
xx_DSC5550_20230814160059571.jpg

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, カワセミ, , 魚獲り, 母親, 父親, 3番子, ヒナ, アニメーション,

初めて見たカワセミ同士のにらみ合い(含 アニメーション)

近所の池が近頃騒がしい。2羽のオスカワセミが一緒にいたと思うと、追いかけて追い出したり、また魚を咥えてもどってきては藪の中に隠れたりしている。

今日はカワセミ同士のにらみ合いなるものを初めてみることができた。しかも公衆の面前でにらみ合うこと15分と、いつものカワセミの行動としては異例の長時間だ。もともと池の主はメスのカワセミだったけど、最近は姿を見ない。どうしたのか心配なのであるが、それはそれとして、一緒にいることもあるので、このオスの2羽はもしかすると親子なのかもしれない。親子にらみ合い、といっても声も発せずに互いに口ばしをつきだしながら、「ここは俺のテリトリーだから、お前が出て行け!」と言わんばかりである。

他人事ながら、これからどのような展開になるのか楽しみだ。

テリトリー争い
xx_DSC2761.jpg
最初は少し離れて様子を伺うxx_DSC2801.jpg
左にいた親らしきオスカワセミがだんだんの寄ってきて、まさににらみ合い
xx_DSC2805.jpg
右の子らしきカワセミが飛んで逃げたので、勝ったぞ!とおたけびをあげる親カワセミ
xx_DSC2809.jpg
と思いきや、また戻ってきて・・・
xx_DSC2813.jpg
再度のにらみ合いが始まった。もちろん、親子がどうかは分からないが、左の方が若いことは確かだ。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : 野鳥, 横浜, カワセミ, オス, 親子, にらみ合い, 口ばし, アニメーション, テリトリー, GIF,

プロフィール

ogamonja

Author:ogamonja
ようこそ「カワセミ礼讃」ブログへ

最新記事
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
写真
79位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
動物
18位
サブジャンルランキングを見る>>
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR